<< 愉快な仲間とvespaツーリン... クラエスとメタセコイア並木に行く >>
モールトンで行く--叶匠壽庵・寿長生の郷--
昨日は、琵琶湖畔の大橋の近くに宿泊して、、、

今日はここからモールトンで、叶匠壽庵(かのうしょうじゅあん)寿長生の郷(すないのさと)に行って来ました。
※ふりがな無いと読めんですw
b0078651_00484507.jpg
Fキャリア装着して、怪しさUPです♪



この、ちっこいクルマから、ちっこい自転車が2台も出てきて、、ホテルの方、ビックリされていました。
b0078651_00073607.jpg
さて、宿泊の琵琶湖大橋付近から琵琶湖東岸を南下し、瀬田川目指します。
b0078651_00073660.jpg
9:00スタート時点は、少し肌寒く、バブアーを着て出発です。
b0078651_00073424.jpg

b0078651_00073458.jpg
お天気も良く、沢山のビワイチの皆さまとすれ違いました。

b0078651_00073531.jpg
まもなく、琵琶湖最南端。ここが半分の15km地点。

すこし、お疲れの見える奥様を励まして~

後半戦。

b0078651_00073563.jpg
瀬田川に入り、さらに南下します。だいぶ暖かくなりましたね。

b0078651_00073566.jpg
川沿いのサイクリング・ロードが気持ちよいです♪

b0078651_00073525.jpg
このあと、立木観音の2-3km手前からは、急に車道走行となり。。

少し緊張のルートでした。




そろそろ、


奥様、
「ねぇ...あと、どれ位?」の質問攻め。

旦那、
「うん、もうチョイよ~」

・・・のだまし、だましで...

田舎な景色の道路を進むと~

到着です。

b0078651_00484489.jpg


最近、まったく運動していない奥様。30kmの道のりを良く頑張りました!


和菓子の叶匠寿庵が経営する 寿長生の郷

梅や柚子などを植え、農工一体の菓子づくりを目指す理想を求めてた郷。 郷では自然の谷川を利用し、山林の部分はそのままに散歩道をめぐらせ、数百種類の野の花が咲きます。その姿は訪れる人々を楽しませてくれます。
b0078651_00073579.jpg
b0078651_00424136.jpg
大石龍門の丘陵地に広がる和菓子の里。6万3千坪の広大な敷地内は自然の景観をそのまま生かし、全国でも珍しい1000本の梅林や桜、牡丹、椿等季節の美しい花々を見る事ができます。
b0078651_00232050.jpg
広大な郷は、咲き誇る梅の香りに包まれ、ミツバチも...私たちも魅了していました。
b0078651_00311657.jpg
b0078651_00073631.jpg
b0078651_00063425.jpg

お迎え処 古民家


b0078651_00232170.jpg
土塀に縁取られた数寄屋造りの佇まい
b0078651_00232147.jpg
b0078651_00232193.jpg
とても、落ち着く古民家で「梅ソフトクリーム」で癒されました。
b0078651_00333768.jpg

長屋門を入り
b0078651_00232256.jpg

回廊へ
b0078651_00232249.jpg
ホールでは、古式な雛人形の展示がありました。
b0078651_00232217.jpg
b0078651_00232203.jpg
b0078651_00232385.jpg
b0078651_00463480.jpg




野店でみたらし餅を頂き、

b0078651_00232113.jpg
見ごろの約1,000本の城州白梅を。
b0078651_00484421.jpg
なだらかな丘陵地に植えられた一面の梅が桃源郷を思わせます。

b0078651_00484454.jpg


さて、見事な梅畑に癒されて、、、帰路も頑張りましょ!

b0078651_00484561.jpg
ポカポカ陽気の今日は、お外でランチが気持ち良かです。


琵琶湖畔を、景色を眺め、ゆっくりペダルを回し続け、、、

ナントカ・カントカ、無事帰着。


往復60kmのサイクリングでした。

奥様、お疲れチャン!







シッカリ乗ったSRAM内装2速ですが、湖畔のようなフラットなルートであれば、全然問題なし。

シフトなんて煩わしい事、何も考えず、景色を楽しんでライドできるメリットの方が嬉しかったり。

まったり、ライドにぴったり。

そして、何よりのメリットは、リアセクションに対して、ワイヤーレス!!

分割がとても簡単。前輪外す感覚で分割できるので、小さいクルマには持って来いのシステムです。
b0078651_00484490.jpg
・・・と自画自賛のEG2アールグレイ。

ポタには、お奨めの1台です。



See you!!





by m-lfo986 | 2018-03-19 22:40 | Alex Moulton | Comments(2)
Commented by nakanihi at 2018-03-20 10:47 x
2速で往復60km走破お疲れ様でした!wもうすぐバブアーも季節的に限界がきそうなので、僕もモールトン+バブアーを楽しみたいと思います!♪
Commented by m-lfo986 at 2018-03-21 21:41
2速でも結構走れますね♪暖かくなってバブアーの卒業の季節になりますネ!
<< 愉快な仲間とvespaツーリン... クラエスとメタセコイア並木に行く >>