<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
アレックス・モールトン博士を偲ぶ会
b0078651_138248.jpg


昨年、、、12月9日にアレックス・モールトン博士が永眠され、

同月19日、英国BOAにて葬儀が行われております。

日本から遠く離れた、英国での葬儀には、

列席できなかった日本のモールトニアの為に、

ダイナベクター様を中心に、親交の深い関係者によって

 「アレックス・モールトン博士を偲ぶ会」 を開催して頂き、

Moulton Bicycle Club Nagoya の皆様と

一緒に参列させて頂きました。

場所は、2010年に モールトン自転車展 を開催した、

代官山 HILLSIDE TERRACE の向えの会場
b0078651_1415839.jpg

b0078651_1485276.jpg


会場に入ると、、、博士が参列者を、やさしい顔で、迎えてくれます。 
b0078651_13724.jpg


b0078651_1503036.jpg




また会場には、貴重な写真パネルや愛用の品が展示されておりました。
b0078651_1483077.jpg

b0078651_1483842.jpg

b0078651_1504740.jpg


博士の愛用AM-GT
b0078651_143328.jpg

大変、スペシャルな1台。貴重なモールトンを間近で見ることが出来ました。
b0078651_145883.jpg

b0078651_1451498.jpg

b0078651_1452185.jpg

b0078651_1452671.jpg

b0078651_1453482.jpg




会は、英国の葬儀で読まれた弔辞の内容を聞かせて頂き、
b0078651_2381838.jpg


その後、、

親交の深かった山口京一氏をはじめ、多数の方が思い出を語って、

貴重なエピソードをお聞かせいただき、博士を懐かしみ、皆でお偲び致しました。

b0078651_2101872.jpg

b0078651_2113762.jpg

b0078651_2105083.jpg


b0078651_21281.jpg

b0078651_229177.jpg


b0078651_237297.jpg



いつになく真剣な眼差しのT-bro2さん。
b0078651_2314597.jpg




しんみりする会というよりは、あらためて博士の偉大さを知った貴重なお話や、

愛されるお人柄が特徴的だったエピソードを楽しく聞かせて頂き、

あっいう間の3時間でした。





最後に、全員で記念撮影を。


準備中。
b0078651_275829.jpg


ハイチーズ!・・・って画角たんね~
b0078651_2175889.jpg


名古屋のみんなで!(撮影:Fさま)
b0078651_1525024.jpg






とても貴重な会で、参加させて頂き、ホントに良かったです!

手弁当で、支援された関係者の皆様、本当に有難うございました。




今日、ここにあらためて、偉大な博士を偲び、冥福をお祈りいたします。

More(お約束な珍道中)
by m-lfo986 | 2013-01-28 02:26 | Alex Moulton | Comments(6)
マタ逢ウ日マデ
b0078651_2313842.jpg


今日は、寒かったですね。

・・・でも、もっと寒い-30℃の場所もあるんですよ。

ボクのおトモダチは、そんなスゴク寒い国へ、今日帰って行きました。
b0078651_2354677.jpg


b0078651_2315697.jpg


最後に、エアポートでいっぱい遊んでくれてアリガト!
b0078651_2324533.jpg




どこ行っても、ごはん&ふりかけ、しか食べなかったネ!
b0078651_235789.jpg


何でも、もっとイッパイ食べなきゃ、大きくなれないぞ~
b0078651_236970.jpg







次に、逢うときは暖かい季節がいいね!

きっと、その時は、もう自転車も乗れるかな?

じゃあ、一緒に自転車乗って、遊ぼうネ!













b0078651_2364855.jpg

じゃあ、、、


マタ逢ウ日マデ。
by m-lfo986 | 2013-01-26 23:15 | Today's incident | Comments(2)
NMBC アレックス·モールトン博士 追悼走行会
NMBC アレックス·モールトン博士 追悼走行会 OchoboSan 2013 
に参加させて頂きました。

年末の訃報。

年始の最初の走行会に決まっていたOchoboSan 2013 を

博士の偲ぶ追悼走行会にしようと、、、

44名の参加者が、集いました。





天ちゃんデザインの喪章腕に、遠くBoAへ1分間の黙祷をささげました。
b0078651_0473438.jpg


b0078651_0525577.jpg





今回のプレゼンターは、とっつぁん&ご子息のカキミさん。

諸注意のブリーフィングを受けて、オチョボ稲荷に向けて出発です。
b0078651_1135149.jpg


b0078651_0545635.jpg




走行中の様子は、⇒コチラ
b0078651_112424.jpg


完全!向かい風、上等でい!っと、15km程の道のりを

風と格闘しながら、、到着です。



商売繁盛を祈願に、沢山の方がお見えになっております。
b0078651_1124162.jpg

b0078651_1141261.jpg


こんなクルマたちも!(笑)
b0078651_1195139.jpg



我が家の家計も商売繁盛!しますように~♪
b0078651_1145412.jpg


揚げたての串カツを、どて煮の味噌に、そのまま突っ込んで、
アツアツを頂きます!
b0078651_1171047.jpg


気持ちもやすらぐ、ホットコーヒー牛乳。
b0078651_1171632.jpg



絡み合って、ひと休みするMoulton達。
b0078651_1212348.jpg

b0078651_1213853.jpg


b0078651_122898.jpg

b0078651_121556.jpg

b0078651_1223575.jpg

b0078651_1225372.jpg



・・・と、写真部の写真は、ここまで。







まったく持って、申し訳ありませんが、、

ここ以降の写真を全て失いました。。

ビンディングシューズを泥だらけにして、田んぼに入って撮った集合写真も。

カラダが芯まで冷え切って、震えながら撮った「立田の道の駅」での記念撮影も。


・・・・涙ッス。


全ては、自分の責。

愚かスギテ、

ショボーン。

ほんと、スミマセンです。。









では、

気を取り直して、GoProを!

⇒⇒⇒ PLAY
b0078651_130187.jpg







あらためて、思う。

NO MOULTON, NO LIFE

b0078651_1501686.jpg


Thank you very much Dr Alex Moulton.
by m-lfo986 | 2013-01-21 01:32 | Alex Moulton | Comments(2)
そうだ!ベネッセハウスに行こう!
イモウト夫婦が帰って来ています。

建築が好きなダンナさまのMarc。

ボクも建築物は好きなんで、意気投合!

そうだ!せっかくだから、、、

b0078651_213513.jpg


久しぶりの遠征で、直島の ベネッセハウス に行ってきました。

安藤忠雄の建築に宿泊できるなんて夢のよう♪


美術館に宿泊するかのよう。
b0078651_21575057.jpg

b0078651_21501512.jpg

b0078651_2151999.jpg

b0078651_21511258.jpg

b0078651_21512145.jpg

b0078651_21511763.jpg

b0078651_2151237.jpg

b0078651_2205386.jpg





宿泊した施設は、パーク。
安藤忠雄としては、稀な木造建築の建物。
室内の建具も細かいデザインがステキでした。
b0078651_22264888.jpg

b0078651_22274696.jpg


b0078651_2227561.jpg

b0078651_2228659.jpg


b0078651_22265562.jpg

b0078651_22513363.jpg

建物と周りの自然の調和を大切にした建物。

バルコニーは全て海側に面し、その手前には、、、

まさにデザインされたパークを望む。
b0078651_21535661.jpg


テラスレストランもしかり
b0078651_2155423.jpg

b0078651_21551255.jpg

b0078651_2158498.jpg

b0078651_2158579.jpg

b0078651_2251440.jpg


ここちよい空間
b0078651_21564495.jpg

b0078651_21571779.jpg

b0078651_21574048.jpg

b0078651_21591169.jpg

b0078651_21594477.jpg

b0078651_2294044.jpg


お庭もミュージアム。
b0078651_2203860.jpg

b0078651_221825.jpg




もっと、ゆっくりと居たいです。。

b0078651_2234544.jpg


・・・が、帰らなくては。

b0078651_22314290.jpg




帰路は、高松から淡路島経由です。
b0078651_2232286.jpg



残念ながら、、本福寺水御堂は閉館時間。

夢舞台も真っ暗・・・


b0078651_22301699.jpg

b0078651_2244160.jpg

b0078651_2245589.jpg



ただ、海の教会は、、、
b0078651_2264945.jpg
b0078651_226398.jpg


ウェスティンホテルさまのご好意で見せて頂けました!

ホントにありがとうございました♪











あっ、という間の2日間。

久しぶりのイモウトとの時間。

やっぱ、家族はいいね!



そして、、

イモウトよ、ほんとにいいダンナと巡りあえたね!

Marc、これからもイモウトをヨロシクね!


b0078651_22174774.jpg


Taizo、また遊んでね!

b0078651_23184660.jpg

公開は、ママの承認待ち。(笑)
OK! PLAY!



笑顔が絶えない、とっても楽しい旅でした。
by m-lfo986 | 2013-01-17 22:10 | travel | Comments(2)
Barbour x Tokihito Yoshida Spey Fishing Jacket
キターーーー☆Barbour x TOKITO(Beacon Heritage Range )
b0078651_21224389.jpg


b0078651_21203567.jpg


TOKITO(吉田十紀人)デザイン監修としては最後のF/Wコレクションとなるそうで、、、

こりゃ、逝くしかない!

Barbour x TOKITO(Beacon Heritage Range )  Spey Fishing Jacket Black
b0078651_21255730.jpg

b0078651_2126525.jpg

DETAIL:
バーブアーの広大なアーカイブからの図面影響、スペーの魚を釣るジャケットは現代の取り分です、古典的飛行魚釣り設計。
ジャケットはそれを厳しい英国の天候には申し分なくして、GORE WINDSTOPPER織物から構築されます。
外部的に、ジャケットは、異なる織物、コード・カラーおよび大きなブランドのバーブアー・ボタンから作られた、いくつかの知的に置かれたポケットを特色とします。(訳:エキサイト翻訳w)

b0078651_2127754.jpg

b0078651_21292427.jpg

b0078651_21292041.jpg

b0078651_2129136.jpg

b0078651_21294160.jpg

b0078651_21294751.jpg

b0078651_21302596.jpg

b0078651_21295951.jpg


Barbourのオーセンティックなフィッシングジャケットを『トキト氏』の監修にて作製された、機能性とデザイン性を兼ね備えたSpey Fishing Jacket 。
そのSpey Fishing Jacket のファブリックに、『GORE-WINDSTOPPER Active Shell』を用いた1着。

ポケットいっぱいです!

b0078651_2132172.jpg









さ~て、コレ着て、明日からお出掛けしてきま~す!
b0078651_7345550.jpg

by m-lfo986 | 2013-01-12 21:42 | Today's incident | Comments(0)
Bienvenue au Japon!
年末から妹が帰って来ております。

旦那様のマークと息子と共に♪
b0078651_024128.jpg



以前、「Monteal -Je me souviens-」では、大変お世話になったマークは、モダン建築が好きで

安藤忠雄の著書も持っているとの事で、、、


この近辺で、ボクの好きな architects にアテンドしました。


まずは、コチラ
b0078651_23364739.jpg


北名古屋市総合福祉センター・もえの丘

以前の師勝町の福祉センター。

小さな東京国際フォーラムをシンメトリーに配置し、中央を芝生の緑の丘で間を取り持つ、建築物。
旧西春日井郡、わが町の「はるひ美術館」を遥かに上回るスケール。

当時の師勝町の建築費用決裁にリスペクト!





つづいて、
b0078651_23443099.jpg

b0078651_23444657.jpg

セラミックパークMINO

・世界的に著名な建築家「磯崎新」氏の設計
・多治見市東部の丘陵に位置し、谷や尾根などの自然の地形に調和させ、自然環境に配慮した設計
・美術館展示室には、吊り免震構造で世界初となる「並進振子免震システム」を採用
b0078651_2358395.jpg



車寄せから建物エントランスへ繋ぐ、長い通路はとても趣きがある。

途中の展示スペース
b0078651_022478.jpg


水盤とセントラルスペース
b0078651_05156.jpg


エントランス3Fから2Fのギャラリーフロアーへ下りて、中庭に出る。

この広がりを感じさせる設計に、大きな感動せざるえない。

b0078651_0171618.jpg

ほら、このスケールに感動してるでしょ!w



岐阜県現代陶芸美術館
小早川コレクション 麗しのマイセン人形
b0078651_0221667.jpg

溜息の出る優雅な磁器の数々。

b0078651_0193087.jpg

絢爛豪華とは、まさにこの事。



外に出ると、すっかり陽が落ちておりました。
b0078651_0184410.jpg


時間あれば、、淡路島、直島にも連れて行ってあげたいナ。。
b0078651_2358443.jpg

by m-lfo986 | 2013-01-06 00:28 | Today's incident | Comments(0)
新年!志賀高原でございます
新年あけましてオメデトウございます!

b0078651_21322218.jpg


本年もヨロシクお願い致します♪



さて、新年最初のイベントは、志賀高原でSKIでございます。

1月1日の夜、前泊~1月3日のSKI旅行で、2日間滑走してきました。



志賀高原のいつものお宿に、夜9:00頃、到着して新年初押し!
b0078651_21332241.jpg

b0078651_22264363.jpg

5Dの弱い高感度。。

これがMarkⅡ、さらにはⅢは、すこぶる改善されているそうで、、、

・・・イカン、イカン。

「冷静に!何事にも我慢強く!」これが今年のモットーだったw



一夜明けて、、、

前泊の楽しみ!グッスリの睡眠と、おいしい朝食です♪
b0078651_21385575.jpg

朝から、たっぷり戴いて、

出発~
b0078651_2139634.jpg


今日はピーカンと思いきや、昼ごろから一気に天気が下り坂に。

それは、それ!

ゴンドラ止まる寸前まで、遊んで、脚パンパン。(笑)


b0078651_8202994.jpg

New Camera Test ⇒ Play


お腹ペコペコになるまで遊んだ後は、、

お宿に帰って、お楽しみなディナーっす!
b0078651_21482568.jpg





■本日のディナー

前菜は、チーズと生ハムinパオナップル。
b0078651_21424448.jpg


大好きな、かぼちゃのスープ。
b0078651_21433434.jpg


箸休めは、筑前煮とほうれん草のおひたし、野沢菜ets。
b0078651_21435655.jpg


お魚:ホタテと海老のなんとかw
b0078651_2145718.jpg


お肉:ビーフカツレツ
b0078651_21454425.jpg


デザート:グレープフルーツのゼリー
b0078651_2146258.jpg


ごはんとお味噌汁も、頂いて。。

お腹はパンパン!

女将さん、いつも笑顔になるお食事を、ありがとうございま~す!








2日目は、昨日の疲れと、テンションの上がらないお天気。
b0078651_21511728.jpg


渋峠もクローズっぽい。。

サンバレーのコブ斜面に遊んで頂き、昼過ぎにホテルへ。
b0078651_21512857.jpg


最後に、もう一度、温泉入って、サクッと終了です。







志賀高原。

SKIを始めて、昨年の骨折アクシデント以外は毎年来ています。

とりわけ特別なコースやパークが、あるわけでもないのですが、

このお宿とお食事を楽しみに、毎年来てしまいます。



・・・で、冬だけではもったいない!

と、思いこんな企画を♪

そうだ!横手山頂ヒュッテへ(モールトンで)行こう!
b0078651_2275056.jpg

b0078651_22203034.jpg


国道、最高地点だそうですよ~
こりゃ登らなきゃw

これで、夏も志賀高原&石の湯ホテルで遊べるね!
by m-lfo986 | 2013-01-03 22:11 | Today's incident | Comments(4)